きたがわ郷 -kitagawa go-

激動の幕末期、命を賭して維新回天に尽くした志士「中岡慎太郎」。土佐国北川郷に生まれ、大道を駆け抜けた慎太郎の30年と、慎太郎が愛した故郷北川村のコト、色々と紹介していきます。

干し柿の差入れ。

当会の理事さんで、村のおばちゃんが差入れを持って事務所を訪ねてくれました。 干し柿。 小粒でペタンコ。 甘すぎず、食感もいい。 ちょうどいい感じの干し加減。 若い頃は干し柿なんておばあちゃんが食べる冬のおやつ。 なんて思って、あまり好みませんで…

慎太郎先生顕彰会からのお知らせ。

中岡慎太郎先生顕彰会では、慎太郎の偉業・遺徳を顕彰し、後世に継承していく活動を行っています。 この顕彰活動が小さな村に元気を与え、未来を信じて歩んでいける村になれば。 それがきっと、北川村の村民のために国を変えよう、と村を出て維新回天に命を…

慎太郎on the tree

中岡慎太郎先生顕彰会事務所に、今年はクリスマスツリーを飾ってみました。 ご覧の通り、お店の雰囲気からも、「幕末の志士 中岡慎太郎」からも、ちょっとイメージじゃないからどうしようかなぁぁ...と迷っていたのですが、でも、来店下さったお客様にち…

沖縄の離島から。

一昨日、当顕彰会事務所に中岡慎太郎館から一本の電話。 『慎太郎のポスターが欲しいって方から問合せです』 慎太郎さんのポスター、「正座」と「笑顔」は、慎太郎館さんではなく、顕彰会の店舗で販売しています。 『そちらにお電話が来ますので対応して貰え…

12月5日。中岡慎太郎の故郷

12月5日。 とは到底、思えないほどに暖かかった...いえ、暑かった本日。 中岡慎太郎の生誕地は快晴&汗ばむほどの気候でした。 雨の昨日とは打って変わっての快晴。 慎太郎さんの表情もキリリとして見えました。 でも、北川村の中でも日照時間の短い慎太…

今日の中岡慎太郎遺髪墓地風景。

中岡慎太郎館に向かうには「慎太郎橋」を渡っていきます。 橋を渡る手前からも見える大きな銀杏の木。 この大きな銀杏の木が立つ「松林寺跡」に慎太郎の遺髪墓地があります。 中岡慎太郎館、慎太郎先生顕彰会から徒歩数分。 慎太郎が幼少期に読み書きを学ん…

「慎太郎砂像アート」

中岡慎太郎館から慎太郎生家へ向かう途中に「慎太郎柚園」があります。 柚園の入り口に、来年の3月まで常設展示しているのが「慎太郎砂像」。 北川村の基幹産業となった「柚子」は大昔から村に自生してはいましたが、飢饉の際に高価な塩の代わりに食料保存の…