きたがわ郷 -kitagawa go-

激動の幕末期、命を賭して維新回天に尽くした志士「中岡慎太郎」。土佐国北川郷に生まれ、大道を駆け抜けた慎太郎の30年と、慎太郎が愛した故郷北川村のコト、色々と紹介していきます。

土佐おもてなし海援隊。

❝土佐おもてなし海援隊❞ 今年の1月末までの約2年間、高知県で開催していた博覧会 『志国高知 幕末維新博』をはじめ、高知の観光を盛り上げてくれました。 ameblo.jp メンバーは 坂本龍馬 武市半平太 中岡慎太郎 吉村虎太郎 ジョン万次郎 岩崎弥太郎 昨年の…

中岡慎太郎生家周辺の風景。

今日は穏やかで優しい春の日が降り注ぐ 労働意欲をいとも簡単に削いでくれるほどに 心地よい慎太郎生誕地でした。 慎太郎生家周辺にはミツマタの木が点在しているのですが、 花が咲く季節になりました。 雪の結晶みたい( *´艸`) その名の通り、三つに分かれ…

野根山街道<宿屋杉>

昨日の記事でも紹介しました【野根山街道】。 養老2年(717年)に官道となる前からその道はあったと云われています。 土佐日記の筆者<紀貫之>土佐入国の道、 参勤交代の道、中岡慎太郎が脱藩した道。 と、長い、長い歴史が刻まれた街道です。 北川村のお隣「…

ニホンカモシカに遭遇。

1300年以上の昔から通り、 『養老2年(717年)』<野根山官道>として始まり、 土佐日記の筆者・紀貫之が通り、「島流し」の流罪人の道、 参勤交代の道、中岡慎太郎の脱藩道、と歴史が刻まれた 【野根山街道】。 北川村のお隣、奈半利町から東に室戸市、東洋町…

中岡慎太郎生誕祭のご案内。

1838年4月13日 中岡慎太郎誕生。 4月13日は慎太郎の生誕日です。 当会では毎年、慎太郎の生家に祭壇と玉串を用意して、 お訪ねくださった方がどなたでもご自由に慎太郎の生誕日を 祝っていただけるようお迎えしています。 生家はいつも無料開放しています。 …

今日の慎太郎故郷の風景。

強風の春風が吹いていた本日の北川村。 数秒だけ、でしたが地震もありました。 そんなちょっと荒れた一日でしたが、 春の柔らかな陽射しに照らされて、 慎太郎生誕地は穏やかな風景でした。 最近、少し温かくなってきたからでしょうか。 生誕地をお訪ね下さ…

中岡慎太郎の故郷。春。

ここ数日はコート不要です。 北川村のふるさと寄附お礼の品【モネの庭の季節の寄せ鉢】も 色鮮やかな春の花が増えてきました。 可憐で鮮やかな春の花にココロが躍る( *´艸`) が、名前は憶えられず...(-_-;) 返礼品取扱作業場の前の田んぼのレンゲも 日毎…

明日はおやすみの日。

毎週、火曜日は「おやすみの日」。 中岡慎太郎館、 中岡慎太郎生家、 中岡慎太郎先生顕彰会 が揃っておやすみさせて貰います。 ちなみに、中岡慎太郎の生誕地からお車で10分、下流に移動したところにある 【北川村モネの庭マルモッタン】もおやすみ。 慎太郎…

生誕祭「慎太郎茶会」開催。

4月13日は中岡慎太郎が生まれた日。 毎年、当会では慎太郎生家に祭壇を用意し、 どなたでもご自由に祝っていただけるようお迎えしています。 今年は、生誕日に生家で【慎太郎茶会】を開催することにしました。 11月17日の慎太郎墓前祭。 1月14日に…

モネの庭からの贈り物。

『慎太郎顕彰会の入り口、寂しいろう? 花でも置いて、明るくしたらどうやろう』 と、今日、北川村モネの庭のフラワーショップから連絡が。 「そうしたいんですけどねぇ」 『取りに来ん?』 「へっっ??」 モネの庭に行ってみると、フラワーショップのスタ…

手づくり桜餅

田舎のおばちゃんが作るお寿司や甘いもんは 素朴で、優しい味がします。 『これ、食べ』 今日、村のおばちゃんが挿し入れしてくれた桜餅。 村のイベントでのみ、食べられる人気の桜餅。 甘すぎず、優しい味の桜餅。 おばちゃんのあったかさを感じながら、美…

今日の中岡慎太郎の故郷。

今朝はどんより曇り空の慎太郎の故郷・北川村でしたが、 昼前から小雨が降りだし、 午後からはしっかり「雨」。 どしゃぶりの雨に打たれると『水も滴る...』 いい男に見える慎太郎像ですが、 今日のような多量の霧雨のような雨に濡れる慎太郎像は 頭頂部…

火曜日は慎太郎生誕地、お休みの日です。

毎週火曜日は 中岡慎太郎館 中岡慎太郎生家 中岡慎太郎先生顕彰会 がお休みの日です。 砂の彫刻「慎太郎砂像」や 慎太郎が幼い頃に読み書きを学びに通った「松林寺」山門や遺髪墓地などの 慎太郎ゆかりの史跡はご自由にご覧いただけます。 ちなみに、火曜日…

「土佐の町家ひなまつり」閉幕

2/28-3/3の4日間、高知県東部6地区合同で開催していた 【土佐の町家ひなまつり】。 北川村の会場は中岡慎太郎生家。 間伐材で作った<木工細工のおひなさま>をメインに 「北川村のおひなさま」 を開催しました。 愛らしい木のお雛さまに幅広い年齢層の方々…

本日の「慎太郎茶会」。

只今、【土佐の町家ひなまつり】を開催中の中岡慎太郎生家。 北川村の村民宅からお借りしたお雛様や、 間伐材を使用した「木工細工のお雛さま」を展示しています。 その、慎太郎生家で本日、【雛祭り 慎太郎茶会】を開催しました。 中岡慎太郎の家は、北川郷…

明日開催。「雛祭り 慎太郎茶会」

明日、3月2日(土)に中岡慎太郎生家で「慎太郎茶会」を開催します。 「茶会」と言っても、堅苦しいものではなく、 茶人が点てるお抹茶を気楽にお楽しみください。 という、お抹茶体験です。 難しい作法なんて問いません。 茶人のお点前をご覧いただいたり、慎…

松林寺の春祈祷

中岡慎太郎が幼少期、読み書きを学びに通ったと云われる「松林寺」。 1190年4月頃に建てられた寺で、禅宗瑞応寺の末寺で本尊は観世音菩薩。 1871年の廃仏毀釈で廃寺となり、幕末頃に焼失したと云われています。 と、いうことで、今は本堂の建物はなく、山門…

【土佐の町家ひなまつり】北川村のお雛様始まります。

毎年、高知県東部6地区合同で開催している 【土佐の町家ひなまつり】。 明日、2月28日から始まります。 北川村のお雛さまの会場は中岡慎太郎生家です。 四国森林管理局OB「正岡金四郎」さんが、間伐材で作った木工細工のお雛様を展示してくれます。 正岡さん…

明日は火曜日。定休日。

毎週火曜日は、 中岡慎太郎館 慎太郎生家 慎太郎先生顕彰会 が揃ってお休みの日です。 来週の28日から3月3日までは慎太郎生家でお雛様展示が始まります。 たくさんの方に見にきて欲しいね、慎太郎さん。

慎太郎の故郷は今日も元気です。

慎太郎さんの生誕地「柏木」地区の80代のおばあちゃん (80歳枠には入れないくらいに元気だけど) 昨日の夕方、事務所を閉めているとひょっこり現れて、 なんてことはない、ただの昔話だけど、いっぱいお話をしていってくれました。 『若い時には、慎太郎が…

明日は慎太郎生家周辺整備の日。

毎月第4土曜日に行っている「中岡記念公園周辺整備」 夏は芝や雑草の背丈が伸びて作業も大変ですが、冬場は少しラク...かな。 村の会員さんが中心に活動してくれています。 若者が少ない北川村。 世間ではおじいちゃん、おばあちゃんと労わられるはずの年…

砂の彫刻「慎太郎砂像」展示中

昨年、11月から継続展示中の砂を彫って作られた❝砂像❞慎太郎。 中岡慎太郎館のすぐ近くにあって、「慎太郎柚園」の入り口に設置されています。 慎太郎館前に見える「慎太郎像」背後の木柵に立ってもらうと、下方にすぐ、見えます。 24時間。 屋外設置。 いつ…

子安地蔵。

『こんにちはぁぁ』 昨日、事務所の外で若い女性の声が。 急いで入り口に駆け寄っていくと、事務所の入り口でベビーカーを押してニコニコと笑っている村のお母さん。 『これ、ご近所さんにいっっつぱい戴いたから、お裾分け』 と、文旦をくれました。 ベビー…

野根山街道「岩佐の関所」

北川村、お隣の奈半利町、室戸市、東洋町に至る「野根山連山」約50キロの山道を 『野根山街道』と呼びます。 718年に官道に指定されたとのこっていますが、それ以前に既に利用されていたことが 「続日本紀」で確認されているそうで、遡れば原始時代にまで.…

【第9回中岡慎太郎マラソン大会】

今年で9回目。 <中岡慎太郎マラソン大会>が、2019年5月12日(日)に開催されます。 www.e-marathon.jp 詳細は公式ホームページをご覧ください。 毎年、人気のマラソン大会。 エントリー開始後、すぐに定員に達してしまいます。 村民総出。で、ランナーの皆さ…

北川玄蕃頭祠

戦国時代に北川村(郷)を支配していたのは、烏ヶ森城主「北川玄蕃頭道清」でした。 中岡慎太郎が毎日片道90分の山道を歩いて塾に通った道を「向学の道」と呼んでいますが、慎太郎の家があった地区を<柏木> こちらが柏木側の登り口。 こんな山道を毎日歩いて…

北川村温泉周辺の風景。

今日はかなり久しぶりに「北川村温泉ゆずの宿」へ。 毎週火曜日は中岡慎太郎生誕地は「定休日」でお休みですが、北川村温泉の日帰り利用(温泉・レストラン)もお休みの日です。 普段から静かな場所ですが、日帰りお休みの今日は更に静かな印象。 お目当ての…

今日のお客様。

連休中日の2/10。 慎太郎生家の庭には桜が開花していますが、「まだまだ春遠し」なひんやり空気。 慎太郎館の駐車場には朝から県外ナンバーのお車が多く見られました。 お昼過ぎに慎太郎顕彰会を訪ねてくれた幼い男の子二人。 おじいちゃんと一緒に元気に店…

北川村の風景。柏木

慎太郎の故郷北川村。 慎太郎館があり、当顕彰会があり、慎太郎生家がある慎太郎が生まれた地区は「柏木」。 数年ぶりに、慎太郎館の裏の山に行ってみました。 柚子畑かなぁ 柚子の木はないけど(^_^;) 空が近いせいか、おひさまに照らされてポカポカ。 「帰…

慎太郎ゆかりの史跡「松林寺跡」

中岡慎太郎館周辺にのこる「慎太郎ゆかりの史跡」。 慎太郎館から歩いて数分のところに、慎太郎が幼少期に読み書きを学びに通った「松林寺」があります。 松林寺は鎌倉幕府を開く2年前、1190年頃に建てられた寺でしたが、明治の廃仏毀釈により廃寺となり、建…